【映画】劇場版SHIROBAKOを見た感想

2020年3月3日

こんにちわ。

髭です。

本日は、久々に劇場に直接足を運び映画を見ました!

そう【劇場版SHIROBAKO】です!

アニメーション会社で働く可愛い女の子達のお仕事ということもあり

アニメ放送時には話題になった作品の劇場版!

これは、見に行かなきゃでしょと足を運んできましたよ!

率直に言いますとすごく面白かったです!いい意味で期待を裏切られた!

TVシリーズの時の面白さを崩すことなくアニメ制作の裏側からしっかり作り込まれてました!

さらに面白いのがSHIROBAKOの劇場版内で劇場アニメを作るお話だったこと。

そして、アニメの中の時間が現実とあっていた事(アニメ放送終了時から丁度4年※制作開始時から)

その4年間の中でみんな環境が変わり、

各々葛藤しながら自分の本当にやりたいことはなんなのかを振り替えちゃったり。

なんだか社会人2〜3年目の人が見たら心に突き刺さりそうな内容。。。。

こういう書き方すると少し暗い感じかもと思われてしまうかもだけど、

そこら辺は、tv放送の時と同じく面白いコメディパートと熱血お仕事パートが

丁度良い案配であるので見ていて全く飽きない!

※劇場では観客がみんな声を出して笑うシーンもあったしね。

アニメの劇場版なんでまさに【万策尽きた〜】パターンもあるのかな?

なんて少し心配してたんですけどいらない心配でしたね。

 

個人的にかなり良かったな〜と思うのが最初にも少し書きました

劇中内で4年という月日が流れていることですね。

武蔵野アニメーションのメンバーがほとんどいなかったり、社長が変わっていたりと

その環境の変化のリアルさが凄いよ。

物語自体もなんでそうなったのか?っていうのをうまく説明しながら話が進むから最高。

※物語途中で挟まるものすごい尺が取られていた劇中歌のシーンには、

少しだけ困惑したけどね笑

でもそんな環境の中で宮森達が抱える悩みや会社の営業不振などの問題を宮森中心に、

昔の仲間達が集まって劇場作品制作をすることで打破する。

熱い。熱すぎるよね。

ちょっとだけ内容には触れたけど実際のところオチとかどうなの?

っていうのはこれから見る人もいるかと思うので、別の機会に笑

tvが好きだった人には、本気でオススメ出来る素晴らしい作品だったので、

気になる方は是非とも見てみてください!

それでは、今日はこの辺で!