【映画/感想】泣かせるじゃないか。。【ランボー】

こんにちわ。

髭です。

本日は、休日ということでですね。

【スイス・アーミー・マン】の他にもう一作品見てしまいました。

記事はこちらなので気になる方は是非。

 

ちなみに見た作品というのがまさかの初見で御座います。

【ランボー】

ランボー [DVD]

Amazonで見る

コマンド―じゃないですよ。

ランボーです。

スタローンですよ。稀に勘違いする人がいますのでね。

スタローンが出る映画って、本当に筋肉がね。多いですよね。

ロッキーしかりエクスペンダブルズしかり。

しかも割と人情味があって面白い。少し偏差値高めです!

 

予告編

もう予告編を見ただけでワクワクしますね。

今も昔もこの堀の深い顔立ちには惚れます。

カッコいい!!

早速、見た感想を書いてきましょう!

感想/ネタバレ有

まず見終わった瞬間の感想はこれです。

泣かせる!!!

正直、皆さん。

スタローンと言えば、筋肉隆々でマシンガンぶっ放したり、

時には最高のボクサーだったりと

身体を使った派手なアクションのオンパレードだと思うでしょ!

実際、そうです(笑)

でもこの作品の最後のシーンがマジで良かった。

 

戦争という場所では、人を殺せば殺すだけ褒められた。

でも実際に戦争から帰国すると非難の嵐で、

職にも全く就けずに惨めな思いをさせられた。

更に戦争の悲惨な出来事にうなされて眠れない日々。

しかも何年も何年もです。

そんな苦悩をランボーが吐き出すシーンには、

思わず胸が熱くなった!!

本当に見て良かったと思う。続編も必ず見ます!

 

さぁいきなりラストから話してしまいましたが

それまでの内容は、100点のアクション映画です!

 

超マッチョなランボーが浮浪者として、

街を訪れると警官にちょっかいを出されて逮捕されます。

逮捕されて檻に入れられまでのランボーの見るからに不機嫌。

遂には、この警官、

マッチョを怒らせるとどうなるかを身を持って体験してしまうことになってしまいましたね。

ぶん殴られて投げられます。

可愛そう(笑)

 

でもこのシーンのスタローンは凄いね。

なんか今のスタローンて本当に筋肉が肥大化して、

デカい!!

っていう印象なんだけど、

このランボーのスタローンは、

細くて洗練された実用的な筋肉って感じ。

凄い引き締まっててカッコいい!

 

もちろん警官をぶん投げてから即座に逃げる。

バイクを奪って逃げる(笑)

カーチェイスシーンも良かったね。

オフロードバイクで逃げるのがマジでカッコいいの。

どんなに道が悪くてもドンドン進むのね。

 

でも石の急斜面を思いっきり登ろうとするのはどうかな(笑)

まぁ案の定、バイクから落ちてましたけどね。

そっからは、走って逃げる逃げる。

それを警官は、人数を増やして追う!

まさに実写版トムとジェリー←違うか(笑)

 

この警官との追いかけっこから山での戦闘シーンは、

最初の見せ場でしょう!

飛ぶヘリコプターに石を投げて、一人の警官をヘリから落としたりしてましたね。

そしてランボーが死んだ警官の前で他の警官に対して

「俺は何もやってない!!」

って叫ぶのは笑った。

いゃお前が殺ったでしょうよ!!

 

そして仲間を殺されて他の警官たちも本気でランボーを殺しに掛かります。

でも戦争経験者でグリーンベレーのランボーを殺せるわけもなく。。。

次々にトラップに引っ掛かり深い傷を負わせていきます!

そして最後の一人になった時に、

「この山では、俺が法だ」

の一言。

最高にカッコいいし皮肉が効いてる!!!

※何が皮肉かは、実際に見て欲しい!

 

スタローンが法の山。

街に降りるときとかにダッシュさせられそう、、、

 

そして一度は、全員を山から撃退したんですが

警官はマジでキレてるので、

人数を増やしてランボーを殺しに掛かるのも面白い。

人って頭に血が上ると何を仕出かすかわからんよな。。。

まぁ結局ランボーをさらに怒らせて、街に逃げ込ませてしまう結果に。。。

 

ちなみにこの街で暴れるのが第二の見せ場かな。

体中に弾薬背負って銃をぶっ放す。

僕たちは、このお決まりの絵が見たかったんだ!

燃えそうな店は悉く爆破してたね。

あと警察署は念入りに銃を打ち込んでるのも笑った。

どんだけ警官に対して、苛ついたのかがわかるよね(笑)

 

そしてそこから暴れることにひと段落ついて、

捕まる手前で最初に書いた苦悩を吐き出し、

そのまま逮捕という流れです。

 

うん。凄いよ。

良く約90分の中で納めたと思う。

本当に面白かった。

しかも一応ランボーは、

直接人は殺してないのがなんか考えさせられる。

ランボーが体験した戦争の悲惨さとその後の虚しさは、

凄いからこそランボーは、殺せたけど殺さない選択をしたんじゃないかな。

なんて考えるよね。

 

はい!今日はこの辺にしときましょう。

それではまた!

関連商品

映画

Posted by henhige