【映画/感想】何度見ても最高以外の言葉が見当たらない【エルム街の悪夢】

こんにちわ。

髭です。

本日は、もう何度見たか分からない最高の映画の1本で御座います。

【エルム街の悪夢】

のご紹介をさせて頂ければと思います。

エルム街の悪夢 [Blu-ray]

エルム街の悪夢 [Blu-ray]

posted with amazlet at 19.10.24
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-11-07)
売り上げランキング: 14,005

本当に多くのファンがいます作品ですので、

見たことが無いよという人は、

直ぐにレンタルなりなんなりで見て欲しいですね。

それでは早速初めていきましょう。

 

■内容

夢の中でフレディ・クルーガーという殺人鬼が次々と様々な方法で人を殺すのみ。以上です。

なんてわかりやすいんでしょう。

本当に内容という部分ではこれだけです。

夢にフレディが現れる。殺される。という流れ。

でもじゃぁなぜこの作品が人の心を掴んで離さないかという個人的見解を述べましょう。

 

■何がそんなに魅力的なの??

もうこれは本当に自分の意見です。

私が思うにその一つ一つのシーンのインパクトが段違いに良いのです。

ちなみに公開されたのは、1984年なので、かなり古いです。

映像という面で言えば、現代の映像の方が当たり前に綺麗です。が!!!

この作品には、映像美などには負けないインパクトがあると思っております!

そのインパクトを一番に感じられるのは、もちろんフレディの殺人シーンです。

 

本当にどんな教育を受けたらこんな素晴らしい演出が思い浮かぶのか!

と褒めたくなるような演出だらけです。

※ちなみに本作品で髭は、【New Line Cinema】という名を聞くと興奮する変態に生まれ変わりました。

 

好きなシーンを決めろと言われるとかなり難しい。

なにせ全部好きだから。。。

 

その中でも選べと言われれば、、、

【ひとつ目】

最初の被害者でありますティナが殺されるシーンですね。

夢の中で殺されるからそのフレディの象徴の爪で殺されると、

身体の内側から引き裂かれます。

そして次の瞬間、浮いたと思ったらそのまま天井まで持ち上げられ、

天井にくっついたまま振り回されて死亡します。

 

もうね。

このシーンは、一度見たら頭から離れない衝撃シーンですよ。

※一応髭は、マナーとして初見の人と一緒に見た際は、

このシーンを見て視聴の続行の有無を確認しております。

それほど凄いシーンです。

どうやって撮影してるのかを必死に探したのは良い思い出です。

 

【ふたつ目】

主人公のお母さんが死ぬシーンですね。

急にベットが光り輝いたと思ったらそこには、

お母さんの骸骨が!!!

そのままベットの中に沈んでいくというシーン。

もうね!なんでもありか!夢なら何でも許されるのか!!!

そうです!!

許されるんです!!!

そしてそれを我々のような変態視聴者は求めてるのです!!!

最高です!!!

 

【みっつ目】

これもね。死亡シーンなんですがね。

やっぱりベットなんですよ。

ベットからフレディの手が出てきたと思ったらそのまま、

引きずりこまれて、、、、

血液が天井に向かって吹き出し続けるという演出!!!

しかも何を考えてそうしたのか、

その血液は天井で広がるばかりで一向に落ちてこないというヤバすぎる演出です。

もう完全にこの映画の虜になる瞬間です。

※ちなみにこのシーンで殺されたのは、

映画初出演のジョニー・デップです。

 

凄すぎるし、今まで見たことないような凄い演出。

もちろんこちらリメイク版でも再現されており、

そちらの方も最高でした!

エルム街の悪夢 [Blu-ray]

エルム街の悪夢 [Blu-ray]

posted with amazlet at 19.10.24
ワーナー・ホーム・ビデオ (2011-04-21)
売り上げランキング: 44,038

こちらもね。面白いので是非。

そしてレンタル屋だと一緒に置かれてるので間違えないように注意してくださいね(笑)

※髭は、初めての時間違えました。。。

とりあえずここら辺にしときましょう。

でもまだまだ見どころはありますよ。

壁を伸ばしてフレディが現れるシーンや、主人子の完全に人を殺す気で作ったピタゴラスイッチなどなど!

もう約90分に全てが詰まっております(笑)

 

はい。ここまで読んでくれた方はなんとなく思うはずです。

「もしかしてあんまり怖くない??」

そうです!!

髭が一番に推したいのはそこです。

これ、ホラー映画なのに衝撃が凄すぎてあまり怖いという印象を受けにくいのが

最も素晴らしい魅力だと思っております。

※もちろん好き嫌いはあると思いますが、、、

さらにシリーズを重ねていくごとにより魅力的になっていくのも魅力です。

 

本当に魅力しか詰まっていない作品ですので、

まずは見て見ましょう。

約束です(笑)

 

では、今日はこの辺にしておきます。

このシリーズは長いシリーズになるかと思いますので。

それでは!

【関連作品】

映画

Posted by henhige