【映画】シャザムを嗜む。【感想】

2019年10月22日

こんにちわ。

髭です。

個人的に微妙に気になっていました

【シャザム!】

を見ました。

【Amazon.co.jp限定】【メーカー特典あり】シャザム! ブルーレイ&DVDセット (2枚組)(DC×モンキー・パンチ オリジナルステッカー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2019-08-21)
売り上げランキング: 67,712
見た感想ですが、
アクアマンの前に見たらもっと楽しめていたかもしれない、、、

でもね。面白かったです!

あと凄い見やすかった。

本当に個人的な意見なんだけど、

DCヒーローって少し暗いイメージがあったので、

CMとかを見る限りでは、少し怖いなぁとか思ってたんですね。

「どうせ明るく見せて内容は暗いんでしょ?」

なので劇場での鑑賞はお見送りしました。。

※まぁダークファンタジーは大好きなんですけどね。

 

そしたらレンタル屋で並んでるのを見たので、借りてきたということで

早速感想を書いて行きましょうか。

 

■どんな内容なの??

端的に言うと、幼いころに心に傷を負った小さな子供が子供のまま凄い力を手に入れたらどう成長するのか?

という話だと髭は、思いました。

子供がヒーローになることで行われる悪ふざけに結構目がいっちゃうけど、

個人的にはそこよりも子供成長物語がとても良かった。

 

■どこが好きだったか

これはですね。

先ほども書いた通りに、成長物語が本当に良かった。

完全に主観が入りますが、

今回の主人公であるビリーとヴィラン役であるサデウスの始まりは、

孤独という意味では、一緒だったかと思います。

 

でも育ってきた環境で、

ビリーは最後には、血は繋がっていない家族と本物以上の家族になり、

サデウスは、孤独のまま力を求めるだけの人になったと、、、、

良いですね。

なんか対比が良くできていてヒーローものって感じでした。

 

もちろんアクションも良かったですよ!

バスを持ち上げたり派手さには欠けるけど、早い空中戦だったり

ヒーロー映画で欲しいなって個人的に思ってる映像はてんこ盛りでした。

 

なんか最後、全員ヒーローになるENDも全く想像してなかったから面白かったしね。

そいえば家族の中での唯一の可愛いどころのメアリーさん。

まさかのフィギュア化しておりましたよ。。(笑)

 

なんか山下しゅんや様の力をガチで感じる。

KOTOBUKIYA一体どこを目指してるんだ、、

(いいぞ!もっとやれ!!)

 

あと本編の最後にDCファン歓喜の瞬間もあるので、

是非見て欲しいです。

 

それでは今日はこの辺で!

【関連商品】