【映画】劇場版BLEACH(実写版)を見た感想

こんにちわ。
髭です。

超久しぶりに邦画を見ました。
まぁ滅多に見ない理由としては最初から期待してないからお金を掛けたく無いんですよね。。。
いや良く無いのは、分かってます。なのでせめて見るまでは何も言わないことを心掛けてます。

まっなんで見たかってそらNetflix様のお陰ですよ。実質無料で楽しめるからね。
ちょっと気になったら気軽に試聴できるなんて最高。マジで神サービスですわ。

で、本題なんですが今回みた作品は

BLEACH(実写版)】ですね。

ストーリー

産まれつき霊圧が強く霊が見えてしまう体質の主人公黒崎一護。
ある日そんな一護の前に霊を喰らう虚が現れ殺され掛けてしまう。
そんな窮地を救ったのが虚を倒すために来た死神である朽木ルキアであった。
しかしルキアも一護を守りながら戦うことは難しく窮地を凌ぐために一護に死神の力を渡してしまう。

感想

初めから言っときます。漫画やアニメと同じレベルを求める人には向きません。
完全に実写版として楽しめる人だけにオススメの作品になってました。
まぁ分けないとダメだよね。一緒にしたらそら粗が目立つわけでね。

最初から粗がある前提で話を進めてしまいましたが個人的にこれは凄いと思った箇所は、
虚のデザインと演出は本当に拘りが見られてかなり良かった!
良く動くし細部まで作られててカッコいい、本当にこれは素晴らしかったと思う。

逆に俺が褒めれるのはここらへんだけかもしれない。。。
褒めるわけでも酷評するわけでも無く気になった点としては、
まず恋次ね。赤髪の人なんですがなんかコイツねぇ鼻に付くんですよね。
いっつも首を斜めにしてるせいかも知れない、、あと白夜という上司的存在にベッタリなのもちょっとね笑

そして修行のシーンね。
なんかもうちょっともうちょっとで良いからなんとかなんなかったのか。。。
だってさこれから親の敵かもしれない虚とか普通に悪い虚と戦う為に力をつけたいわけじゃん。
だったらもう少しあったよね。
公園でチャンバラしてる場合じゃ無いって、、、

あと最後の一護vs恋次、一護vs白夜ね。
これも色々と面白いね。
いや現作に近付ける為にめっちゃ頑張ってたと思うよ!
でもさ凄い効果音付けられた恋次の飛び蹴りがまったく痛そうじゃなかったよね。
なんか一護の倒れ方も蹴られたというより押された感じの倒れかただった気がする。
あと1回ボコボコにされた一護が急に「全然負ける気がしない」って言い出して恋次と戦いだすところ。

これはもう分からない。一体ボコボコにされる中で一護には何があったのか説明が欲しい。
俺が会社に提出する企画書並みに根拠の無い自信に満ち溢れてたと思う。

そして白夜ね。こいつ必要だったか???
そら原作通りではあったけどさ、、、
これが初見だと一護とルキアを殺したい人にしか見えない。
もう少し役割を与えてあげて欲しかった。。
一応ルキアが去る切っ掛け的な役割りがあったからそれでよしだったのかも知れないけど。。。

まぁ織姫とチャドに比べたら全然役割り持ててたし良いのかな。
この2人は本当に必要なかったと思うよ。マジで。

こんな感じだね。
まぁ原作の序盤の序盤だからさ難しいのは分かるけどね。
続編が有ればこの1作品目が生きてくるかも知れない!
まぁ無いんだろうが、、、、
恐らく見せるならオリジナルストーリーで作ってメッチャ戦闘させた方が面白かったと思うよ。
そういう意味でも次作があるなら期待したい!
原作通りに進むのなら結構な戦闘量になる筈だからね。

というわけで今日はこの辺で。

created by Rinker
¥4,117 (2020/09/25 16:25:47時点 Amazon調べ-詳細)

映画

Posted by henhige