【映画】ジュラシック・ワールドを嗜む

2019年10月18日

こんにちわ。

髭で御座います。

久々の感想となりますね~

毎日、映画を見るというのは中々難しいですしね。

しかし休日の家での映画は、缶ビールを飲みながら楽しめるので

めっちゃ好き。

とういうことで、

ジュラシック・ワールド】の感想ですが

ジュラシック・ワールド [Blu-ray]

面白かったですね~

今更ですが。

やっぱり恐竜って最高にカッコいいですよね。

2足歩行ってのが男心を擽ります。

 

まぁそんなところは置いといてね。

髭的に良いなぁと思った所を殴り書きましょう。

 

まずね。本当にどうでも良いところなんだけどさ。

キャストとかのフォントね。

これを見た瞬間に「あぁこれはジュラシック・パークシリーズなんだなぁ」

と再認識します。

 

あと、ジュラシックパークと同じ舞台なのも良いですね

※間違ってたらすみません。

ちなみにワクワクの最高潮はやっぱり、

テーマパークに入るときのゲートですよね!!

そのジャングルに聳え立つデカい木の門ですよ!!

それに懐かしのBGMが流れて

グレイが『もう待ちきれないよ!!』と窓を開けるシーンは、

もう無邪気さの塊で本当にワクワクする。

 

次にね。

クレアの台詞ね。

『人々は歯の多い怪獣を求めています』ってね。

そうなんだよ。その通りなんだよ。

歯の多い怪獣を求めてるんですよ。

ここで髭の期待感は頂点に達しましたよ。

ビールも進みます!!


髭の寄り道

ロルフ スモーク キャンディー プロセス チーズ 160g×12袋
チーズ 卸・小売のroots
売り上げランキング: 244,888

というよりは、今日食べたおつまみ。

これね。本当に美味いですよ。

丁度いいサイズとそのスモーキーな味がね。

ビールを飲むために作られてきたかのよう。

感謝。


 

あとね。本当に超個人的な意見を述べるとね。

こういう怪獣とかが出てくる映画ってその怪獣の強さを実際に出てくる前に、

上手く表現して、恐怖感とかを煽ってると思うんですね。

その中でも、ガラスにヒビが入ってるシーンって最高じゃない?

あとガラスを貫通するシーンとかさ。

その考えられない力が一発でこっちに伝わってくるよね。

 

この映画だとインドミナス(本作品の遺伝子操作された恐竜)が乗り物を爪で貫通させるシーンは凄かったね。

 

もちろん触れないわけにはいかないインドミナスさんの良いところも書きます。

まず遺伝子操作で産まれた怪獣ということですね。

本当にありがちな設定なんですけどマジでワクワクする。

ちなみにラテン語で直訳すると「制御不能」らしいです(笑)

まぁこいつが暴れまわるわけなんですよ。

※制御不能って名前にするぐらいだから研究段階で分かったのでは、、

 とか言っちゃうの野暮ですよ。

 

あとテーマパークの名前ね(笑)

ティーレックスキングダム!!

ティーレックスキングダム!!

ティーレックスキングダム!!

もう語ることは無いです。

 

あとこれ要る?と思ったシーンもありました。

まぁグレイとザックの両親の話ね。

なんか離婚するらしいです。

なんかさ。いる?これ。

別に絡んでこなかったしね。

 

内容としては、

本当にいつもの流れでした。

楽しいテーマパーク→恐竜逃げる→恐竜戦う→何とかなる

でも本当に綺麗だし面白かった。

特に各恐竜の瞳が本当に美しかったね。

細かいところなんだけど本当に大切だと思う。

目は感情を語る大事な要素とエイリアンの生みの親であります

ギーガーさんも言ってましたしね。

まぁエイリアンには目が無かったですが

※それが最高なんですがね。

 

最後に全部見て一番良かったの台詞ね。

間違いなくグレイがモササウルス見た時に言う

「歯が88本あるんだ!!」でしょう。

髭も見た瞬間に腰が浮いて、

「歯が88本もあるのか!!」と返していました。

 

以上が髭の感想でした!

2作品目の炎の王国も楽しみたいと思います。

それでわ。

ジュラシック・ワールド [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-10-05)
売り上げランキング: 12,407

映画

Posted by henhige