【ドラマ】クィアアイがマジで面白い

こんにちわ。

髭です。

最近マジでハマってるドキュメンタリードラマを紹介していきます。

その名も【Queer Eye】です。

早速何が面白いのかという部分を個人的意見を交えて紹介していこうかと思います!

感想

まずこの作品のテーマがなんなのかを説明しますね。
一言で【ちょっとした問題を抱えた人を変える】ですね。

こういう応援番組はいくらでもあるかと思いますが応援する側の人達が面白いんですよ。
なんと全員ゲイの方達なんです。しかも人種や職業も全く違う集まり。共通点はゲイであるということだけ。
ちなみに全員がイケメンなのも良いです。無駄にOPがかっこいいわけです。

ちなみに各々が美容、家具、ファッション、メンタル、料理といった得意分野があり全員で
対象の人の家から何から全てを変えます。
つまりスケールがめちゃめちゃデカいのです。お洒落に興味が無いから服だけ変えるとかじゃなくて、本当に全部を変えます。
ここがメチャメチャ面白い!

全員がプロなので応援相手によって最善の方法で変えていきます。
例えば、子沢山で自分の時間が取れない人の場合だったら

部屋がとても散らかっていたので、子供が自分から片付けをできるように工夫して、
服装は、ラフだけどお洒落に見えるように、
料理は、子供も手伝えて尚且つ直ぐに作れるものなどなど!
本当にやることがデカいし、しっかりと今後のことも加味した上で応援してるのが凄いね。

余談ですがこれを見ると無性に掃除がしたくなって自分の部屋を徹底的に掃除しました笑

ちなみに美容の部分では、大体髭は短くされますね笑
結構な話数見てますが髭があって手入れされてない人はまだ見てないね。

で面白いのがメンタルの部分。
嘘が癖になっている人に対して、その筋のプロを呼んで嘘発見器にかけたり、自信が持てない人に対してアスレチックに連れて行って上からジャンプさせるなど。
結構やることがブッ飛んでるし面白いんですね。

もちろんここまで書いたプロデュースの部分だけでも凄い面白いんですがこの作品をより魅力的にしてる部分が応援する側の5人組も何かしらの問題を抱えてたり、辛い経験をしていることです。

この部分が作品をより魅力的にしてると個人的には、感じています!
例えばメンタル担等の人は、黒人なんですが応援相手が警察官だった回で、
アメリカの白人警察と黒人の緊張関係に対して意見を述べたり、
家具担等の人は、教会のリフォームの時に自分が過去にゲイであることで教会から受けた辛い経験を話したりします。

本当に賑やかな雰囲気から一気に考えさせられるテーマが突如降ってくるので面白い。
Netflix限定で配信になってますがシーズン5まで配信してることから人気なのが伺えますね。

是非とも見てほしい作品となっていますので、気になるひとは是非!

created by Rinker
オークラ出版
¥3,080 (2020/09/25 02:38:31時点 Amazon調べ-詳細)